無料ソフトでPFDを編集する裏技的手法です。

ねこぎじです。

CubePDFを利用してPDFファイルの裏技的修正方法を紹介します。

CubePDF01.png

http://www.cube-soft.jp/cubepdf/

CubeSoftのCubePDFはとても素晴らしいTOOLです。

ほとんどのソフトウエアは印刷機能を持っています。この印刷はプリンターを選択して印刷することになりますが、面白いのはこのPDF作成ソフトが「プリンター」に化けるのです。

ソフトなのに印刷機能の中ではプリンターの振る舞いをします。CubePDFを選択し印刷すると、PDFとしてファイル変換してくれるのです。

さらにはPDF、PNG、JPG等のファイル形式に変換することができます。

ここで気がついたのです。

PDFファイルを頂いた → PDFファイルを修正したい。でも難しい。 → PDFをCubePDFで画像ファイルに変換 → 画像ソフトで編集してしまう → 画像ファイルをCubePDFでPDFファイルに逆変換する。

この方法をご紹介します(^O^)ノ

皆様は、PDFの編集に苦労されていませんか?唐突ですがねこぎじは、かつてかなり苦労しました。

PDFで頂いたファイルを一部だけ修正したい。もしくは名称だけホワイトで消したように修正したい。

そんなニーズに対応するちょうどよいソフトが無かったのです。あるにはあるのですが使い勝手の問題で苦労していました。

そんな時代は終わりです。このCubePDFを利用すればどんなファイルも印刷機能があれば、PDFに出来てしまうのです。

それでは試してみましょう。

Adobe ReaderでPDFを開いたとこから解説です。ここでファイルを画像ソフトに変換してみましょう。

例では、ペイントから印刷を実行しようとしています。

ペイントで印刷

このまま印刷ボタンをクリックします。

次にこの画面が表示されます。

CudePDF変換

この画面の下部に「変換」のボタンがあります。これをクリックすれば印刷物がPDFに変換されたファイルが完成する仕組みです。

さてここからが裏技です。

実は変換が出来るファイル形式はPDFだけではありあません。画像ファイル形式も可能です。
・PNG
・JPG
などに変換できます。

CubePDFのPNG

この変換の設定には解像度の設定も可能です。

さて裏技を解説します。

1.PDFファイルをAdobe Readerで開く。
2.印刷をクリックする。
3.プリンター選択で、「CubePDF」を選択
4.印刷でPDF変換の画面が表示
5.ファイル形式を「PNG」にして印刷→PNGファイルに変換
6.PNGファイルとなった画像を特定のフォルダに保存
7.画像ファイルなので画像ソフト(ペイントや、GINP、inkscape)で修正

こうして、画像ソフトで修正した画像ファイルを・・・

9.画像ソフトの印刷をクリック
10.プリンター選択で「CubePDF」を選択
11.印刷でPDF変換画面で、そのまま変換
12.特定のフォルダにそのファイルを保存

これで、修正されたPDFファイルが手に入ります!(*^_^*)

なれると実に簡単です。

次回はこのテクニックに必要な画像ファイルの操作法です。

それでは今日はここまでと致します。

皆様のお仕事が捗ります様にお祈りしています。

ではでは。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です