WordPressのサイドバーをカスタマイズしようとしていたおバカさん

ねこぎじです。

amebaブログの方で、WordPressを使って新しいblogを作っています。そう告知していました。

独自ドメインを取得し、ロリポップ!サーバーをレンタルし、プランもサブドメインが100個作れるプランですのでblogやHPがサブドメイン形式で100個作れるわけなのです。

ねこぎじの構想は下記の通りのサイトを考えいます。

1.Zoho ソリューションのblog+HP
2.九州の観光情報のサイト(blog+HP)
3.文具やねこぎじのお気に入りのサイト

まずはこの辺からと考えております。

サイトはCMSを、以前から使って見たかったので、今回は人気の高いWordPressを利用しています。

テーマ(テンプレート)のカスタマイズにも挑戦しています。

独学ですので、参考書は下記の書籍を利用しています。

WordPress レッスンブック 3.x対応 WordPress レッスンブック 3.x対応
(2010/09/08)
エビスコム

商品詳細を見る

この書籍は分かりやすさと、ねこぎじが考えていたカスタマイズの基本テクニックがほとんど網羅されている点を、とても評価しています。

書籍は、内容の濃さと、必要なテクニックの探し易さがとても重要です。このバランスが崩れると物足りなさや、必要なときにノウハウを書籍の中から探すのに時間が掛かって苦労することになります。

その意味では、バランスの良い書籍です。

そして、この書籍には続編があります。
より上級のテクニックを必要とする方向けのテクニック書籍です。

WordPressデザインブック3.x対応 WordPressデザインブック3.x対応
(2011/09)
エビスコム

商品詳細を見る

以上の書籍を利用して独学しています。

それと無料テーマ(テンプレート)もお気に入りのテーマがありましたのでそのサイトの無料テーマを利用させて頂き、規約にもとづいてテーマのカスタマイズをやっているところです。

さて、このWordPressのテンプレートをカスタマイズする上で、ちょっと戸惑ったことを書きます。

それはINDEX.phpのカスタマイズは、参考にしたサイトや上記の書籍から得た知識で可能になったのですが、サイドバーのカスタマイズが全く上手く行かなかったのです。

その理由は、サイドバーはPHP言語で作られたプラグインのようなウィジェットと呼ばれるパーツをサイドバーに貼り付けるようなイメージで構築していくのです。

ところが、ねこぎじはそれとは別にサイドバーのソースコートを直接書き換えることでカスタマイズが出来ると思い込んでおりました。

ですから、いくらコードを書き換えても画面に内容が表示されません。

実はサイドバーがHTMLコードで直接書かれてはおらず、ウィジェットと呼ばれるパーツ郡がサイドバーを構成していることに遅まきながら気が付きました。

そこに気づくと、上記の書籍のデザインブックに該当するテクニックが掲載されていました。

これだ!

そう気が付き試してみるとあっさり出来なかったことが出来るようになりました。

「ふ~よかった~」いまほっとしているとこでこの記事を書いています。

今日は他愛のないことばかり書いていますが、問題になったサイドバーもHTMLを編集するという既成概念から開放されなければ苦労は続いていたことでしょう。

それでは今日はここまでです。

皆様のお仕事が捗りますようにお祈りしています。
ではでは。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です