アイファイジャパン Eye-Fiカード 通信するワイヤレスメモリーカード

ねこぎじです。

もう一つのブログ「ねこぎじ ビジネス資料作成に思うつぶやき (^o^)丿」にてエルピーダメモリを米マイクロンが支援(買収)することになったという記事を書きました。

その記事でメモリとCPUを組み合わせた商品で新しい市場とライフスタイルの提案をすべきだという内容を書いたのですが、そこでどんな商品がその話とマッチするかと考えていましたら、ちょうどよい商品が市場に出まわっていました。

デジカメなどや、スマートフォンで利用するSDメモリのパッケージの中にWiFi無線LANの通信機構が組み込まれた高付加価値のある商品なのですね。とってもよく出来たSDメモリカードです。これからのライフスタイルを研究していると思いました。

アイファイジャパン
Eye-Fiカード Connect X2 4GB ワイヤレスメモリーカード EFJ-CN-4G

SDメモリ単体で、WiFiにて、データをスマホやプリンター、およびPCに転送する為にいちいちメモリカードの抜き差しを行わなくても写真データをDropboxやEVERNOTEに転送したりプリントショップで印刷が可能になるという商品です。

これこそ、メモリとWiFiコントローラとの組み合わせ商品で今までにない商品といえるでしょう。価格は高いですが写真データを即転送したいというニーズにぴったりです。

エルピーダメモリでもこのような商品開発が出来たのではないかと思っておりました。

ニュースの内容自体は残念なことですが。。詳細はねこぎじ ビジネス資料作成に思うつぶやき (^o^)丿」 をご覧下さい。

?この商品。SDメモリとWiFiとCPUとの組み合わせとしては超小型の商品で、最初はメモリにUSBコネクタにてPCと接続し、必要な設定を行えば無線LANネットワークに自動転送が可能で、そのネットワークも複数の登録が可能という点に、感心してしまいました。

とてもこれからのユーザーのニーズを反映しています。これならばSDメモリから転送でプリントショップにて簡単にプリントすることができるでしょう。なにせメモリカードの抜き差しが要らないという訳ですから。

世の中には、やっぱり企画力のある方っていらっしゃるですね。

では皆様のお仕事が捗りますようにお祈りしています。
ではでは。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です