Gmailを自分のメモ書庫にしてしまう。(^_^;)

ねこぎじです。ρ(^◇^)ノ

Linuxで記事を書いています。
ねこぎじはLinuxの環境ではメールはGmailを利用しています。 理由は、Linuxをインス トールしてるといきなりFirefoxでインターネットが出来ることに非常にビックリしたのですが、メーラーの設定はしないままGmailでメールしていました。Windowsでは個人メールアカウントがありますのでメーラーを利用しますがLinuxでは結局、いまだGmailオンリーです。 

で・・ Gmailの登場となります。(^_^;)

Windowsでも Linuxでもインターネットに繋がればGmailが出来てしまいます。
逆に言うと、PCのメーラーを利用してしまうと、基本的にそのPCに届いたメールはそのPCで見ることになります。もちろん転送して(たとえばGmailのアドレスに転送)他のPCで見たり、Webメー ルを利用したりということも可能ですが、ならばいっそのこと個人用は最初からGmail等のWebメールを利用したほうが利便性が高いことに気づいたのです。

そこですっかりGmailしか利用しなくなってしまいました。Webメール系はどこでも、どのパソコンでも基本的にアカウント(ID)とパスワードで利 用で出来てしまいます。 こうなるとPCとPCでファイルのやりとりを行うのに便利だったりします。 どういうことかというと、自分自身に送るのです。(ねこぎじは、LinuxのPCとWindowsのPC間で・・)  添付ファイルでも、画像ファイルでも、なにかメモのような内容のテキストでも保存しておきたい物があればGmailから、自分のGmailのアカウントに 送信するのです。

これとGmailのフィルタを上手く利用すれば、メールに設定したラベルが付きます。(フォルダのイメージと似て非なるものですが)ラベル名を選択するとそのラベルに設定されたメールが一括で全部見れますので件名とは別のラベル=タイトルで一括りして管理が出来ます。

Gmaiのフィルタリングの設定1

Gmailのメールを上手く利用して、ちょっとしたキーワードや、Webサーフィンで探したPDFのファイルを添付しておくのです。 ちょっとした自分専用の書庫になります。 

こうなるとオンラインストレージ(Web上の自分専用のファイル保存領域のこと。いろいろありますが、無料で2G程度利用できます。)があるじゃん? というご意見ももっともなんですが、ここは好みで使い分けをすると良いでしょう。
これはおすすめです。

そして、もちろんZoho殿のMailもお勧めです。Googleさんとは一段と接近してきているこのごろ。
とても気になる所です。

それでは、また次回をお楽しみに ρ(^◇^)ノ

ねこここまで

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です