今日はグラフィック関連のソフトについてです。GIMPです。

ねこぎじでございます。

カウンターが160UPと皆様にチェック頂いていることに
感謝いたします。

ちょっとこのところ個人的なプライベートでばたばたしておりました。

それでblogのネタ(グラフィック画像)の準備ができていなくて
大変もうしわけございませんが本日はそのグラフィック画像を
作成する部分についてまずはテキストのみのご説明で
進めさせていただきます。

PCですとさまざまな画像を閲覧することが可能になっています。
デジタルカメラの画像からWebのコンテンツの画像など
ファイル形式もさまざまございます。

これらの画像を利用する場合
ファイル形式はjpg形式が多いと思います。

この画像(jpg)を別の画像形式に変換する場合
変換Toolを利用することになります。

ねこぎじは出来ればフォトショップを利用したいのですが
たまにしか利用していなかった為にいまだに使いこなせていません。

たまたまGIMPというフリーで利用できるグラフィック画像を操作できる
ソフトを知りました。

最初はフォトショップと同じように使い方が判らず
大変苦労しました。

しかし利用すればするほど操作方法がWindowsの他ソフトと
似ているケースがありまして、それらをヒントとして
利用方法に慣れがでてきました。

現在ではねこぎじのblogで、画像編集とファイルフォーマット変換は
GIMPにて行っています。(jpg → PNGに変換など)

ところでこのソフト。画像の編集といっても
元の絵に対して、筆(とか・・)を使って画像を加工するイメージです。
消したり、ぼかしたり、技法を適用してみたり、
もちろん、切り取り・コピーもあたりまえにあります。

でも、図形の画像作成には向いていません。
正確な丸とか、四角とか、直線だったり
曲線は、ペジェ曲線と呼ばれてたりします。
描画させるのもコツがいります。

このジャンルではイラストレータが有名ですね。(^^ゞ

でもこの手のソフトも、フリーで利用できるソフトがあります。
それはINKSCAPE(インクスペース)と呼ばれている
ドロー系のグラフィックソフトを利用しています。

この画像関連も合わせてお話させて頂きます。

なにせ、プレゼンテーション作成時になにが苦労するかといえば
欲しい画像が無くて自分でちょっと作って見たい! ってときに
自分で出来たら便利です。

今日はこの辺にして(^^ゞ
それではまた次回~(^.^)/~~~
ねこここまで

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です