毎日決まった時間を創作に充てよう。

まず、タイトルの通りです。以上!(^・o・^)ノ”

身もふたもない。

というのは、置いておいて決まった時間に作業する事を決めておくとその日の行動がそこに向けて計画される事になるため、予定通り進め易く、始めると集中し易くなります。

また今日は何時間を作業に充てると決めておくと段取りも計画通りに進め易くなります。

決まった時間に始めて、まずはコーヒーなど飲みつつ瞑想するが如くしばらく作業手順の構想を練るのです。

落ち着いてきたと思えば、作業開始です。すんなり集中出来ると思います。

集中すると言うは、意外と難しくて作業に集中すると色々と気になってしまう事柄が浮かんで来るものです。ですがそれらは作業の邪魔するモノと決めてそれらに意識を傾けない事です。

傾けてたが最後、10分、20分と時間を奪われてしまいます。大切なことはものつくりの世界で作家が満足できる時とは創作の進捗が思うように進んでいる状態がもっとも幸せと充実感を味わえる筈です。

ならばその進捗が進む状態を常に求めるべきと考えています。

ものつくりにおいて、作業進捗および心持ちというのは自身の職場における仕事の段取りや作業進捗状況を思い起こし、状況を思い重ねると違いがよくわかるのではないかと思います。

業務というのは、大抵の事が繰り返えされるタスクの塊です。繰り返すわけですから自身の中で繰り返す事に効率的に作業しようと考えている筈です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です