お客様のニーズを把握しよう。

あたり前ですが商品が、お客様のニーズにはまっていますか?

凄くあたり前の事を書いていますがニーズ、客がどこに必要性を感じているのか、もう一度考えてみてください。

または、その商品の魅力とは何か。

その商品を手に入れると、どの様な喜びが得られるのか。

その喜びが得られると、どの様に日常の生活に変化をもたらすのか。

例え話に、ドリルが欲しい人は、本当に欲しいのは、そのドリルによって出来る穴が欲しいのです。ドリルは手段であって、結果ではないのです。

貴方が気付かなければならない事は、商品であったドリルでなく、商品によって得られる結果にたどり着く事です。

その事により、今貴殿に必要なより売上を達成するには必要な手段に気付く事でしょう。

また、結果が見えてくると商品もより深く見る事が出来ると思います。

もしかして新製品の必要を感じたり、さらなる改修の必要に気付くかも知れません。

もしかして。

かも知れない。

この事を考えて行くことも、とても大切な事だと思います。

いろいろな事に気付きだすと、セールストーク(文章)にもより良い内容を思いつくかも知れません。

いずれにせよ、気付く事。考える事は大切です。

それら繰り返す事でより客のニーズに近づけば今以上に良い結果にたどり着く事が出来ると信じています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です